クラウドファンディングでSDGs絵本を子供たちに贈りませんか?

日興美術のSDGs推進委員会は、SDGsを楽しく学べる自社制作のシール絵本「SDGsってなあに?」を静岡県内の小学1年生(2021年度入学の約3万名/一部の私立小学校を除く)へ届けるため、11/2(月)よりクラウドファンディングを開始致しました。

今やSDGsは、ビジネスシーンのみならず教育現場でも不可欠なテーマとなりつつあります。一般的には、小学校高学年以上から社会人を対象として啓蒙・普及が進んでいますが、国連が掲げる2030年の目標達成に向けて、まだ幼い子供たちにこそSDGsの考え方に親しんでもらいたい。そんな想いから、知育ツールであるシールブックにSDGsのストーリーを絡めた絵本「SDGsってなあに?」をお子様たちに届けるプロジェクトです。

実際に静岡市内の児童へサンプルを配布してモニタリングを行った結果、お子様たちや教育現場からも高い評価をいただいております。

今年6月のサンプル配布の際には、静岡放送(SBSテレビ)の情報番組『ORANGE』でも取り上げていただきました。

本プロジェクトは「静岡県教育委員会様」に趣旨をご説明し、ご賛同いただいております。

ご支援の内容は、法人・団体様向けから個人様向けまで各種コースをご用意しております。プロジェクトの詳細・お申し込みは下記サイトをご覧ください。

募集期間
2020年11月2日(月)~ 2021年1月13日(水)
寄贈対象
静岡県内の2021年度に入学する小学1年生*(約3万名)
寄贈時期
2021年4月末予定

*公立・私立・特別支援学校の約550校が対象(一部の私立小学校を除く)

SDGsシール絵本クラウドファンディングちらし1
SDGsシール絵本クラウドファンディングちらし2
笹谷秀光先生

「私はこのSDGsシール絵本を推薦します」

SDGsは持続可能な社会づくりについての世界に通用する共通言語です。

今のような世界的な変革の時代には必須の羅針盤となります。これを理解する次世代育成は非常に重要で、若いころからSDGsを学び「SDGsネイティブ」を育てる取り組みが重要です。

 

CSR/SDGsコンサルタント
笹谷 秀光 Sasaya Hidemitsu

行政経験(農林水産省・環境省出向・外務省出向など31年間)とビジネス経験(伊藤園で10年間)を活かし、企業の社会的責任、地方創生などのテーマを皆様と考えます。特に、企業ブランディングと社員士気の向上を通じて企業価値を高めるための理論と実践(CSR、CSV、SDGsなどの応用)について、アドバイザー、コンサルタント、講演など幅広くこなしていきます。
主な著書「Q&A SDGs経営」(日本経済新聞出版社刊)

SDGs 17項目

皆様からのご支援・ご賛同を心よりお待ちしております。

日興美術は、SDGsに貢献するエシカル素材の名刺がWEB上で簡単に発注できる法人様向けサービス「メイシカル(meithical)」をリリースしました。

メイシカルは、名刺情報管理や発注に関わる業務のすべてをWEB上で完結できるクラウド型サービスです。名刺発注において煩わしいデータのやり取りや校正負荷の軽減、制作から印刷までのトータルコスト削減など、お客様の業務改革をバックアップします。

2020年8月20日(木)

日興美術は 静岡県 健康福祉部 新型コロナウイルス感染症対策チーム様に、フェイスシールドを寄贈いたしました。

贈呈式には、静岡県新型コロナウイルス感染症対策チーム チーム長代理 塩津様が出席され、当社 櫻井竜介取締役から塩津様にフェイスシールド50個が手渡されました。
静岡県様からは、川勝平太県知事からのお礼状をいただきました。

新型コロナの影響で印刷物需要が激減する中、弊社グループ法人が保有設備の有効活用という観点からフェイスシールドを開発。
日頃お世話になっているお客様で、必要とされている方に役立ててほしいという想いからこの度の運びとなりました。
静岡県に寄附をすることで本当に困っている方々の手に渡るであろうと考え、お声かけしたところ、大変好意的なお返事をいただき実現しました。
このフェイスシールドは、対策関係者 ・ 医療機関 等でご活用いただけると伺っています。

2020年6月29日(月) 

SBS静岡放送の夕方の情報番組『ORANGE』で、当社オリジナルのSDGsシールブックについて、紹介をいただきました。

内 容:日興美術オリジナル「SDGsシールブック」を静岡サレジオ幼稚園・小学校に寄贈。

静岡市 企画課様のご紹介の下、静岡市SDGs宣言団体の静岡サレジオ幼稚園様、静岡サレジオ小学校様の年長、1年生を対象に「SDGsってなあに?」の贈呈式を行いました。

「SDGsってなあに?」は、日興美術がオリジナルで企画制作したシールブックで、SDGsについてシールを貼りながらストーリーを完成させ、SDGsの17の目標について楽しく知ることができるツールです。 是非、保護者の方といっしょに楽しく遊びながら、SDGsについて学んでいただけましたら幸いです。

「SDGsってなあに?」贈呈式
SDGsシールブックちらし表

2020年6月18日(木)

静岡市役所企画課様ご紹介の下、静岡市SDGs宣言団体の静岡サレジオ幼稚園様、静岡サレジオ小学校様の年長、1年生を対象に「SDGsってなあに?」の贈呈式を行いました
「SDGsってなあに?」は、日興美術がオリジナルで企画制作したシールブックで、SDGsについてシールを貼りながらストーリーを完成させ、SDGsの17の目標について楽しく知ることができるツールです

当日は、授業の合間にお邪魔をし、この絵本の説明をした上で、児童1人1人に直接絵本を手渡しさせていただきました。

その場で開封し、早速シールを貼って楽しそうな表情の子供たち。友達同士で協力し合って完成させようという子もいれば、内容をじっくり読もうと頑張っている子もいます。

絵本を手に、子どもたちの生き生きとした様子に立ち会うことができたのは、本当に嬉しく、微笑ましい貴重な経験でした。

この日の出来ごと、この絵本の内容が、少しでも子どもたちの記憶に残ってくれたら、持続可能な世界について考えるきっかけとなってくれたら、大変冥利に尽きることです。

2020年6月5日午後、静岡市保険福祉長寿局にてフェイスシールドの贈呈式が行われ、50個のフェイスシールドを寄附しました。

コロナ影響で印刷物需要が激減する中、弊社グループ法人が保有設備の有効活用という観点からフェイスシールドを開発。日頃お世話になっているお客様で、必要とされている方に役立ててほしいという想いからこの度の運びとなりました。静岡市に寄附をすることで本当に困っている方々の手に渡るであろうと考え、お声かけしたところ、大変好意的なお返事をいただき実現しました。このフェイスシールドは、医療機関等でご活用いただけると伺っています。

「SDGsってなあに?」
SDGsシールブック

日興美術では「本の日」に合わせ、未就学児から小学校低学年向けSDGs知育シールブック「SDGsってなあに?」を開発・リリースいたしました。
本の日とはスペイン・カタルーニャ地方におけるキリスト教の聖人・聖サン・ジョルディの聖名祝日で 4月23日に行われる。 この日は「本の日」とも呼ばれ、カタルーニャでは親しい人に本を贈る記念日とされています。
日興美術では毎年、本の日にあわせ、近隣の住民や幼稚園児、従業員の家族を招き、印刷・製本工場の見学会や印刷物や本ができるまでの工程をわかりやすく解説、印刷工程の体験ができるイベントを開催してきました。
今年は、新型コロナウィルスの影響があり、イベントは中止となりましたが、静岡市の「SDGs宣言事業所」として認定されている当社としてできることは何か?

外出自粛が続くなか、未就学児から小学校低学年の子どもと、その保護者の方が、自宅で一緒に遊びながらSDGsを学べるツールができないか?
従業員で発足したSDGs推進委員会が中心となり、試行錯誤を重ねた結果、ようやくSDGs知育シールブックが完成いたしました。
SDGsに関する解説本・啓蒙ツールは、小学校高学年以上から社会人を対象としたものが、ほとんどですが、小学校低学年以下を対象としたものは、珍しいといわれております。
このSDGs知育シールブック「SDGsってなあに?」は販売促進用/啓蒙活動にお使いいただけます。

SDGsシールブックちらし表
SDGsシールブックちらし裏
江戸文化からSDGsを考える!

※当日は、多くのお客様・関係者の皆様にご来場いただきました。
ありがとうございました。

一見、つながりが見えない両者ですが、265年続いた戦のない江戸時代は、まさに持続可能な社会であった証。
その江戸時代の生活、文化にはSDGs推進、普及のヒントがある!

タイトル: シズオカナイトVol.10 ~江戸文化に学ぶSDGs
共  催:静岡市東京事務所・日興美術株式会社(本社 静岡市)
日  程:2020年1月22日(水) 18:30~20:00
会  場:wework東京スクエアガーデン
東京都中央区京橋 3-1-1 東京スクエアガーデン 14F

イベントを通じて、SDGs―江戸文化―静岡市の関連性を改めて探り、考え、皆様のSDGs普及、推進のヒントになる場を創出します。

 

 

 

今もなお世界中から注目されている江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎。

北斎没後170周年の今年、北斎にゆかりのあるまちや団体が一堂に会し、全国初となる「北斎サミット」を富士山のふもとで開催します。

 

「ヒト」「アイデア」「新しい」の好循環を創造するための組織空間 LAB.AS TOKYO(ラバストーキョー)が東京・神田にオープン。
IoT・ICT 技術を活かしたソリューションをお届けする最先端のショールームです。

今回、日興美術Weekとして「SDGs 持続可能な開発目標」をテーマに特別展示を開催いたします。
この機会にぜひご来臨をいただけましたら幸いです。
日時:2019年9月2日(月) ~ 9月13日(金) 10:00~17:00
場所:LAB.AS TOKYO
東京都千代田区神田須田町2-6 ランディック神田ビル 9F
※事前に予約が必要となります。
お手数ですが、弊社担当営業、または下記までご連絡をいただけますよう、お願いいたします。

問合せ・来場申込:
03-5781-6781
日興美術株式会社
首都営業部営業推進課
岡村・青木

「もしものかるた 水害バージョン」

「もしものかるた 震災バージョン」

【もしものかるた】

新潟県長岡市にて2日間開催された『みんなの防災フェア2018』に出展致しました。

9/29、9/30の2日間開催。

2日間で、約18,000人のご来場があり大盛況でした。

もしものかるたのブースでは、実際にかるたで遊べるコーナーを用意。沢山のお子様たちに楽しんで頂くことが出来ました。